1. トップ > 実録!出会いの形~偽名な出会い~



衝動的になり過ぎたか・・・?


左手でのぞみの右手を掴んでいる。


右手でのぞみの腰のあたりを引き寄せている。


ドキドキドキドキドキ


のぞみは頬をほんのり桃色に染めて上目使いでろびんを見つめている。


こんなにかわいいコが制服姿で自分の部屋にいる。


スグルはもう、暴れん坊寸前。


「・・・どうしたの?」


どうしたの?って聞かれている・・・オレどうしたんだろう?


ただ、抱きしめたくなっただけだ。


そう言っていいのか?


抱き寄せたのぞみが思っていたより(身長が)大きくてろびんは少し背伸びしていた


「・・・あのさ」


背伸びしている足がプルプルしている。


「・・・なんで震えてるの?」


「・・・なんかドキドキしちゃってさ」

なんて嘘をつく。



2回目に会って「好きになった」って言うのはおかしいか?



*********ろびんの頭の中************


悪魔「ヘヘヘ。女が部屋に着てるんだゼ。押し倒しちゃえよ!」


天使「だめだよ。うら若き乙女に淫らなこと考えちゃ。彼女は純愛を求めているの」


悪魔「なに言ってやがる。男の部屋に来るってことがどーゆーことか教えてやれよ」


天使「好きになったと思うなら好きっていいなさい」


悪魔「そんなヒマねぇんだよ!お前のスグルはもうパニック状態だゼ!!」


天使「きちんと気持ち伝えなさい」


悪魔「やっちゃえよ!」


天使「きちんと言いなさい」


悪魔「押し倒せよ!」


天使「言いなさい・・・」


わかった・・・言う・・・


*****************************




ろびんは、のぞみを少し強く抱き寄せた。


そして・・・












「えっちしよう」









天使「・・・Σ( ̄□ ̄;)ゲ!?」

悪魔「・・・Σ( ̄□ ̄;)ゲ!?」








あれ?間違えた?







どうなの!?どうなっちゃうの?


前へ
次へ
-メニュー-