1. トップ > 実録!出会いの形~偽名な出会い~




ろびんは、のぞみのやっているドリルを覗き込む。







問1.自然界の中で、緑色の植物を(     )とよんでいます

問2.クロカビやシイタケのなかまを何類とよんでいますか(     )

問3.セキリキンやニュウサンキンなどのなかまを何類とよんでいますか(     )

問4.問2・3のなかまは生物の死がいやふん(有機物)を分解して、窒素を含む無機物や水分解しています。これ以外にどんなものに分解していますか。(     )







ふ~ん。こんなことやったなぁ。


これってどうやって教えればいいんだろうな?

数学とかだと考え方を教えればいいけど、

暗記物って答えをいきなり教えていいものなのかなぁ。








それにしても今日の服装はかわいいなぁ。



大きく切り込まれたニットの襟元から見える鎖骨

いいなぁ、サ・コ・ツ☆




ろびんが鎖骨を見つめていることにのぞみが気が付いた









「ダメ。見ないで!」









い・いや・・・そんなやらしい目で見てたわけじゃないんだよ!

ちょっと、鎖骨が綺麗だったから・・・。

胸元を覗こうとしたわけじゃないからね!

ま、鎖骨の次は胸元の方に目線が行くだろうけど・・・








「字、キタナいから・・・見ちゃだめ」








あ、そ・ゆコト?


よかったやらしいコト考えてる人だって思われたらどうしよう。

紳士的キャラで通してるからね☆

(↑以前「えっちしよう」って言っちゃったことを忘れている人)






それにしても、勉強教えて欲しいって言って「見ないで!」はないだろうよぉ。



「悪ぃ。どんな問題やってるのか気になったからさ」



勉強を教えてっていうより、

私、がんばって勉強してるんだよ!偉い!?

ってのを見て欲しいのかな?


それだったら、完全にろびんのことをお父さん扱いしてるな・・・




しばらくしたら、勉強も飽きるでしょ。

まぁ、のぞみが気分よく勉強できる環境でも作ってあげないとね。

僕たち付合ってるんだもん。お互い支えあっていかないとねん




















~15分経過~






















おっぱい揉みてぇ~~!(←死ね










一度芽生えた衝動は一気に押し寄せてきた。





のぞみの斜め後ろに座っていたろびんは、すっとのぞみの真後ろに動く

のぞみ両肩をそっと両腕で包むように抱きしめた。







「!!」



~~~~ろびんの頭の中~~~~~

悪魔「!?」

天使「!?」

悪魔「おい!ちょっと焦りすぎじゃないか?」

天使「そうよ!そうよ!のぞみちゃんは勉強中なのよ!」


「うるさい!」


天使「鬼!」

悪魔「悪魔ぁ!」



~~~~~~~~~~~~~~~~




のぞみがビックリしたように振り返る。

二人の頬が触れ合う。









前へ
次へ
-メニュー-