1. トップ > 男女の心理学 >男が悩んでいる時

異性に気に入られるための方法や好きな人の気持ちを知るためにはどうしたらよいか等、ウマくモテるための実践的な方法を 男女の心理を基にお伝えします。


悩み事に対する男女の違い(2008/12/03)

「なんでもないから放っておいて」

女性の方は、男性からこんな言葉を聴いたことがありますか?
男が悩んでいるときは、男性はなぜ素直に付き合っている女性に悩みを打ち明けないと思いますか?
女性が男性に悩みを聞いてあげようとすると、なぜかケンカになったりしていませんか?

■悩み事に対する男女の考え方の違い


女性は話をしながら考えを整理します

でも、男性はそうではありません。
男性の悩みを女性の方法で解決してあげようとすると男性にとって
「余計なおせっかい」
をしてしまうことがあります。

男性は悩み事があるとき、一人で物思いにふけります

男性と女性の悩みのあるときの行動は大きく異なります。
男性はじっくりと一人で考えを整理するのです。
この悩み事に対する反応の仕方が男女で異なるために、ケンカになってしまうことがあります。


男女の会話の内容と心の声を下に書いてみます。

男性:「・・・・・・」

女性:「どうしたの、何か悩み事があるの?」(ちょっと心配、私が力になりたいな)

男性:「なんでもないよ」(考え事してるときは、そっとしてほしいなぁ)

女性:「本当は何か悩み事があるんでしょ?私に話してもらっていい?」
 (やっぱり困っているのね、話を聞いてあげなきゃ)

男性:「悩んでなんかないって」(考えがまとまらないじゃないか。ウザったいな)

女性:「どうして話してくれないの? 私のことがキライなの?」

男性:「キライなわけないじゃないか。いいから放っておいてくれないか」
 (どうしてスキとかキライとかいう話になるんだ!)

女性:「もういい、私なんかと話してもしょうがないと思っているのね!」


と、まぁ ケンカする必要のないところでケンカが発生してしまうパターンです。

女性は男性の悩みを解決してもらいたいがために、あえて話を聞いてあげようとしています。
しかし、男性は悩みを解決しようとして一人でじっくり腰をすえて考えようとしています。


女性の皆さん、わかってあげてください。
考え方の根本的な部分が少し違うだけなんです。


■対処法

女性は男性の悩み事を聞きださなければいいのです。

男性は女性に「悩んでるから一人にして」と声をかけるのです。

もちろん、男女の考え方が違うということを先に伝えておかないといけません

男女の会話の内容も以下のように変えられるのではないでしょうか。

男性:「・・・・」

女性:「どしたの?」

男性:「いや、考え事をしていて・・・ 少し一人にしてくれないかな」

女性:「考えがまとまったら教えてね」
(ああ、仕方ないな。何かして時間をつぶそうかな)

男性:「うん」(じっくり腰をすえて考えよう)


と、女性は悩みを解決してあげたい気持ちの方向を少し変えて接してあげてください。

悩み事解決の手助けをしたいのならば、まずは男性にじっくりと考えてもらう時間を作ってあげてください。

かまって欲しい気持ちを少しだけ我慢して・・・




前へ
次へ