1. トップ > 男女の心理学 >欲を満たす時間の感覚

異性に気に入られるための方法や好きな人の気持ちを知るためにはどうしたらよいか等、ウマくモテるための実践的な方法を 男女の心理を基にお伝えします。


欲を満たす時間の感覚(2008/12/5)

欲求を満たすのは、人生の充実感を高める上で大事なことですよね

その欲求を満たす時間の楽しみ方も、男女で違っていたりします

その違いはどこからくるのでしょうか?


「『男の子は3分。女の子は30分』なんだよね」


保育園の先生をやっている友人が言っていました。


男の子と女の子におやつをあげたときの反応が全然違うらしい。


男の子は大喜びでおやつを食べる。

急いで食べて また外に遊びに行く。


女の子も大喜びでおやつを食べる。

「このビスケットはペンギンの形をしているね。」とか

そんな話をみんなでしながら ゆっくりおやつを食べる。


あらためて考えてみると大発見ですよね


男と女でおやつの楽しみ方が違う。

これってどういうことなんでしょうか?



■食べる行為を楽しむ女性


女の子は、ゆっくりおやつを食べていました。

男の子のように食べれば5分で食べ終わります。

こんなに時間かけて食べるのはどうしてなのでしょう。

それは、女の子はおやつの時間そのものを楽しんでいたためです。


女性は食べる時間そのものを楽しみます。


食べるという行為は、豊かさの象徴でもあります。

女性はその豊かな行為を楽しんでいるのです。

喫茶店でお茶を楽しむ。

男性同士が喫茶店やレストランでゆっくり食事をしていたらちょっと奇妙です。

これも、女性が食事の時間を楽しむという傾向の表れなのです。

女性がゆっくり食べるのは、口が小さいからという理由だけではないのです。



■食べる内容を楽しむ男性


男の子はおやつをもらって大喜びをしていました。

そんなにおやつがうれしいのなら、ゆっくり時間をかけておやつを楽しんだらいいんじゃないの?

女性からそんな声が聞こえてきそうです。

大喜びをしているにもかかわらず、男の子がさっさとおやつを食べてしまうのはなぜでしょうか?


それは、おやつの味を楽しんでいるからです。


男性にとって食事は味覚と胃袋を満足させるものなのです。


吉野家の牛丼。

男性に大人気です。

男性の中には、週5回も牛丼を食べる人がいます。

女性でこういう人はめったにいません。

女性は味と栄養以外のものも楽しんでいるからです。


週に5回も同じものを食べる。

これは、味と栄養に楽しみの中心をおく男性ならではの発想なのです。

ガツガツ食べる。

こんなに男性の食べ方をうまく表現した言葉ってほかにあるでしょうか。



■食事でケンカ?


「せっかく私ががんばってお料理したのに、、、詰め込むようにガツガツと食べちゃうんだね」

ある女性が旦那さんに向かってこんなことを言ったそうです。

旦那さんは、どうしたら良いのかわからなかったそうです。


旦那さんは女性の『食事の時間を楽しむ』という性質を知らなかったのです。

男性の方は、女性と一緒に『食事の時間』を楽しんでみませんか?


女性は余裕のある男性に惹かれる傾向があります。

食事の時間を楽しめる余裕。これって、ステキな男性の条件の1つだったりします。


女性の方は、男性が少しばかり食事を早く切り上げても許してあげてください。

男性はおいしいものを早く食べてしまう傾向があるのです。

おいしいからこそ、早く食べてしまっているのかもしれませんよ。

なぜか男性は、おいしいものは早く食べてしまわないとなくなってしまうと感じてしまうものなんです。


■夜の行為に当てはめる


男性が「ガツガツしている」と言われるのは、このようなところから来ているのかもしれません

イかせてあげたいと思うのはよいのですが、女性はイくことを求めるのではなく、イくまでの過程でも充実感を味わいます。

せっかくの楽しい時間。お互いに満足のできる方ができると良いですね。




前へ
次へ