1. トップ > 男女の心理学 >喜びの感じ方

異性に気に入られるための方法や好きな人の気持ちを知るためにはどうしたらよいか等、ウマくモテるための実践的な方法を 男女の心理を基にお伝えします。


喜びの感じ方(2008/12/12)


「うれしいっ!!」

この言葉は男女共に使いますね。

しかし、『うれしい』の感じ方が違うってご存知でしたか?

違いを知っておけば、相手のご機嫌の取り方も、男女で仲良くやっていく方法がわかります。



今日はいきなり

■結論

男性は一度に大きな喜びを感じることを大切にし、

女性はささやかでも、たくさんの喜びを感じることを大切にします。

これ、覚えておくと男女の関係が上手くいきます

セックスのときも同じ感覚でいると、相手に何をしてあげたら喜ぶのか分かってきます。



■男性の場合

男性は結論や結果をほめられると喜びます。

これを基に考えてみましょう。


喜びを感じるとき、それは結論として出てきたときなのです。

例えば、難しいプロジェクトを半年もかけて達成したとき。

こんなときに男性はものすごく気分の高揚を感じます。

半年ってすごく時間がかかっています。

とても時間がかかるからこそ、大きく喜ぶことができる。

これが男性の喜び方の特徴です。


男性は一度に大きな喜びを感じることを大切にします。


研究職に男性が多いのにも分かる気がします。

時間のかかる研究でも、最後の達成感があると思えばやり遂げることができるんです。


女性をイかせたときに喜びを感じ、自分がイったときに喜びを感じるのです。



■女性の場合

『今日とってもおいしいロイヤルミルクティーを飲んできた』

『彼がゴハンを作ってくれた』

『ショッピングですっごくかわいい服を見つけた』

女性はこのように、たくさんのことで喜びます。

男性とは違って、日常の中でたくさんの喜びを見つけれます。

だから、ショッピングを楽しみ、ティーを楽しみ、食事を楽しむのです。


女性はささやかでも、たくさんの喜びを感じることを大切にするのです。


セックスよりも抱きしめられることを求めたり、絶頂に達するまでの時間を楽しんだりします。


■男性が女性にしてあげること

「あなたって何も私にしてくれないのね」

「毎日がんばって働いているじゃないか。」

「しかも、記念日もきっちりお祝いしたし」


これが男女の喜びの感じ方の違いから発生していた問題だって気づきましたか?

男性は大きなことを1つやれば『うれしい』が十分だと思っています。

でも女性にとっては『うれしい』が1つしかなかったと感じているのです。


男性にとってはすごくびっくりすることですが・・・。

毎日仕事でがんばって、年一度とはいえお祝いもしているのに、、、


でも、カップルにしろ夫婦にしろ、長続きするにはお互いに『うれしい』を感じる必要があります。

それをわかってください。


男性は何をすればいいか。これは簡単です。

  • たまには花を買ってあげる
  • 肩をもんであげる
  • ゴハンに連れて行ってあげる
  • ありがとうと言ってあげる


こんなことでいいのです。

ちょっとしたサービスを気遣えば女性の気持ちもコロッと変わってくれます。



■女性が男性にしてあげること

女性が男性に対して気をつけなきゃいけないことは何でしょうか?

それは、盛大に祝ってあげることです。

男性は『大きな喜び』を感じるのを大切にしていましたね。

なので、男性の長期のプロジェクトが終わったときには盛大にお祝いしてあげましょう。

そしたら、すごく貴方に感謝するはずです。


やるからには徹底的に祝ってあげてください。

その後、多少サボってもバレませんから。男は単純です。



■最後に

男性は一度に大きな喜びを感じることを大切にし、女性はささやかでも、たくさんの喜びを感じることを大切にする。

すごく大きな違いです。

これをお互いに理解して男女共にしあわせになれるといいですね。




前へ
次へ