1. トップ > 男女の心理学 >付き合いが長くなって・・・

異性に気に入られるための方法や好きな人の気持ちを知るためにはどうしたらよいか等、ウマくモテるための実践的な方法を 男女の心理を基にお伝えします。


付き合いが長くなって・・・(2009/5/29)


付き合い始めて1年くらい経つと 女性が感じること・・・「彼が優しくなくなってきたような気がする。」

付き合い始めのころは、車のドアも開けてくれて、荷物も持ってくれたのに、今では女性が重いものを持っているときでも、男性はタバコを吸ってブラブラと・・・。

「これってマンネリ?」「愛されてないの?」と感じることはありませんか?



■女性は

こんなに長い間一緒にいるのだから、彼は私のことはわかっているはず。

ある程度付き合うと、このように考えてしまう女性はいます。

それは、女性同士では「お互いに気づいてあげる」ということを大切にしているからです。


相手が辛そうなら、気づいて、聞いてあげる。

相手が手伝ってほしそうなら、手伝ってあげる。

これが女性同士の付き合いなのです。


女性は、付き合いが長ければ『気づいてもらえる』と思っている人が多いです。



■男性は

しかし、男性は女性のようには考えていません。

親しくなったのだから、やってほしいことは本人が言うに違いないと考えるのです。

男性同士では、親しくなるほど遠慮をしなくなります。

やってほしいことをズバズバ言うようになるのです。


男性は、親しくなった相手は『やってほしいことを言うものだ』と思っている人が多いです。


付き合って長くなると男性が何もしてくれなくなる理由はここにあったのです。

男性は、「こんなに長く付き合っているのだから、やってほしいことがあれば言い出すだろう」と思っているのです。




■結局爆発

女性の中には、男性の考えを理解せずにこういう風に考えてしまう人がいます。

「私が彼の手伝いをすれば、私がいつも手伝って欲しいと思っていることに気づいてくれるはず」と。

彼が動いてくれないのは、自分が彼のために動いていないから、と勘違いしてしまうのです。


これは危険な兆候です。

なぜなら、「私がこんなにいろいろしてあげているのに、彼は何もしてくれない」と考えるようになり、どんどん不満がたまっていってしまうのです。


そのとき男性は「彼女は何も言わないから満足しているんだな」と、のほほんとしています。


そしてついに女性の不満が爆発してしまいます。

男性も、悪いことをしている意識がないので、ビックリしてしまいます。



■おねだりのススメ

女性の皆さんにお願いしたいことがあります。女性にとってお、不満をためないためにも男性に頼みごとをしてみましょう。

男性には言わなければ気づいてもらえない、と心がけることが大切です。


そして男性は、女性の要望に気づく努力が必要です。

わからないなら、「何かしてほしいことない?」と聞きましょう。

当然手伝いはやったほうがいいです。


不満をためたり、爆発してケンカになってしまうよりも、日ごろから話し合ってお互いに楽しく過ごせたほうがいいよね。




前へ
次へ