1. トップ > 男女の心理学 >メールに対する常識 男女の違い2

異性に気に入られるための方法や好きな人の気持ちを知るためにはどうしたらよいか等、ウマくモテるための実践的な方法を 男女の心理を基にお伝えします。


メールに対する常識 男女の違い2



『どうしてメールを返せないの!メールを書くなんて2、3分くらいでしょ!』


彼女から、こんなメールが来た。

これでも、2日に1通はメールしてるのになー
それなのに、こうやって言われちゃうんだ・・・
こういうメールって、何だか疲れるよなー
こんな風に疲れたなって思っちゃって、彼女とこれからもうまくやっていけるかなぁ



■女性の心の叫び

女性はメールが来なかったり電話が来なかったりすると、不安な気持ちになってしまいます。

でも「連絡が欲しい」とばかり言うと わがままだと思われて嫌われてしまうかもしれない。だから、我慢をする。


そして、我慢を重ねて女性の不安が頂点に達したとき、女性はこんなメールを男性に送ってしまいます。

「どうしてメールくれないの?」


そして、そんなメールを受け取った男性はげんなりしてしまいます。

自分が責められていると感じるからです。



■女性からのSOS

しかし、このようなメールで女性は男性を責めたいわけではないのです。

我慢して我慢して我慢して・・・ココロの中に寂しい気持ちがいっぱいになって溢れ出した結果、このような言葉が出てきたのです。

「どうしてメールくれないの?」と。


男性は理解してください。これは女性からのSOSなのです。



■本質は?


「メールくらい返してよ」

こんな女性のSOSは表面上には、メールに対する男女の温度差から来る誤解のように見えます。

でも、本質はもっと深いところにあるのです。


女性は、相手からの思いやりを感じることによって、愛情を確認します。


『思いやり』があれば、メールくらい返せるはず。

女性はそう感じるのです。

そして、思いやりが減ったように感じ、不安になって、どうしようもなくなるのです。


■愛情表現を

男性は「メールが欲しい」という女性の心理を分かってください。

女性は、ただメールが来なくて怒っているわけではないのです。


「スキだよ」とか「君が大切なんだよ」と彼女に言葉のプレゼントをしていますか?

「次のデートはこんなところに行こうね」と彼女のために企画を立てていますか?

こういう心遣いが、女性の不安を解消させてくれるのです。


彼女がメールが欲しいと言ってくる理由。それは女性からのSOSだと思ってください。




前へ
次へ