1. トップ > 男女の心理学 >怒りのぶつけ方

異性に気に入られるための方法や好きな人の気持ちを知るためにはどうしたらよいか等、ウマくモテるための実践的な方法を 男女の心理を基にお伝えします。


怒りのぶつけ方


「もうっ、何考えてるの!?貴方なんて最低!!」


この一言で、彼が傷ついてしまった。

どうやらイライラしていたみたい。

言わないほうがいい言葉ってあるってことは理解している。

でも、感情を押さえつけると自分がおかしくなってしまいそう。

我慢をしすぎるとちょっとしたことで余計にイライラするようになってしまう。

どうしたらいいの?



■感情をぶつけること

怒りの感情をそのままぶつけると感情のやりとりに慣れていない男性を必要以上に傷つけてしまったり ケンカになって仲が悪くなってしまったりします。

だから、できれば男性に怒りの感情はぶつけないほうがいいよね。


といっても、感情を押し殺したり我慢をしろと言っているわけではありません。

怒りの感情も感性が豊かだからこそ生じるのですから。


では、どうしたらいいのでしょう?



■怒りの感情は相手向き、悲しみの感情は自分向き

怒りを感じたとき、ちょっとだけ立ち止まって『何に対して怒っているのか』を考えてみてください。

怒りを感じている時って、誰かに腹を立てているのです。

腹が立った原因って自分に迷惑がかかったとか自分の気持ちを考えてくれなかったとかですよね。

つまり、自分が『悲しい』思いをしたから、腹を立てているのです。


腹を立てているのは、実は何か悲しいことがあったからなのです。

そして、怒りじゃなくて、悲しみを伝えてみてください。


怒りは相手に向けられるので、相手が受け止め切れないことがありますが、

悲しみであれば、自分に向けた感情なので、相手が受け止める必要がないのです。


受け止める必要が無いからこそ、相手は、悲しみを感じている人の気持ちを思いやる余裕が出てくるのです。


■たとえば


例えば、彼がデートに遅刻してきたとき。

「もう、遅いよー!! 貴方なんて最低!!」

というような怒りの感情をぶつけるのではなくて、


「待ち合わせ時間に来てもらえなくて悲しかった」

「一人で待っているのが寂しかった」

と伝えてくださいね。


怒りではなく、悲しみを伝えられると、人は相手に思いやりの気持ちを向けることができるのです。


特に、男性は怒りの感情を向けられると傷ついたり反発したりします。

ちょっとした発想の転換が、男女のケンカを1つなくしてくれるんですね。




前へ
次へ